食品科学技術認定証運営規則

食品科学技術認定証運営細則(最終改訂日:平成28年2月20日)

1. 食品科学技術認定証を取得し、フードサイエンティストと称するためには、当該大学、短期大学、専門学校において
(1) 基礎必修科目 11単位

  1. 食品科学分野 6単位(内2単位は実験・実習を含む)
  2. 食品微生物学分野 5単位(内1単位は実験・実習を含む)

(2) 特別研修科目 9単位(内5単位は実験・実習・演習を含む)

(3) 資格認定研修 講習会、研究会、見学会などに参加

を履修し、卒業しなければならない。

2. 基礎必修料日の各分野の科目名については次のとおりとする。ただし、これら以外の科目名については、教科委員会が教育内容を検討し、適当であると認めたものに限る。

  1. 食品科学分野
    食品学・食品学概論・食品学総論・食品学各論・食品化学・食品科学・食品材料学・食品加工学・食品加工貯蔵学・加工食品学 等
  2. 食品微生物学分野(食品衛生学を含むこと)
    食品衛生学・食品安全性論・食中毒・食品添加物・応用微生物学・食品微生物学・バイオテクノロジー 等

3. 特別研修は各大学、短期大学、専門学校が開講するフードサイエンティスト資格に相応しい学科目を本協議会へ届け、承認を得るものとする。

4. 資格認定研修は本会会員の中より別に選ばれた運営委員会により実施し、その結果を会長に報告しなければならない。

5. 食品科学技術認定証授与の審査と発行は、基礎必修科目と特別研修単位の取得を正会員より、また資格認定研修の終了を運営委員会より、それぞれ報告をうけた審査委員会がこれを行なう。

6. 前項の運営委員会および審査委員会の構成は総会において決定する。

7. 正会員よりの食品科学技術認定証を取得のための申請期限は前年10月末日とする。

8. 認定証書交付に要する費用は申請者1名当り5,000円とし、その納付期限は前年10月末日とする。納付された費用の返却は認めない。納付された費用は1年間有効とする。

9. 認定証書の様式は別項による。

付記 第1条、第2条および第3条の施行は平成15年4月1日より

昭和55年12月 6日施行
昭和56年 2月14日改定
平成元年 4月22日改定
平成 5年 4月17日改定
平成 6年 4月23日改定
平成10年 4月18日改定
平成11年10月 2日改定
平成13年 4月21日改定
平成14年 6月15日改定
平成24年 4月21日改定
平成28年 2月20日改定